腹筋の強化 身体がゆれないやり方 ハンギングレッグレイズ

  • LINEで送る

腹筋トレーニングの中でもハードなトレーニングの一つとして「ハンギングレッグレイズ」というトレーニング法があります。ざっくり言うと、ぶら下がった状態で足を上げて腹筋を鍛えるトレーニングになります。

今回紹介する動画は、このハンギングレッグレイズをやると、身体が揺れてしまいうまく腹筋に効かせることが出来ない。なので、体を揺らさないでしっかりと腹筋に効かせるためのフォーム(やり方)を伝えている動画になります。

筆者もやってみましたが、何も意識せずに普通にやっていると身体は確かに揺れます。揺れないコツを覚えないと、揺れることが気になり、腹筋に意識が集中出来ないので、効果が薄れる感じがしました。

揺れる原因は、足を上げる行為=足を前に振り上げる行為になりますので、重心が前に移動してしまうことが原因のようです。揺れないようにするためには、足を上げても重心は下になるようにすれば、揺れにくくなる、というわけです。

では揺れないコツですが、足を上げると同時にお尻と腰を後ろに引く感じで行います。実際にやってみましたが、最初はなかなか難しいです。動画でもおっしゃってますが、足を上げるタイミングとお尻を引くタイミングを合わせることが難しいです。でも、数回もすれば慣れます。そして、このフォームの方が圧倒的に腹筋に効きます。効果的にもこのフォームをマスターしたいですね。

では動画を参考にしてください。

動画引用元:腹筋のトレーニング【ハンギングレッグレイズ】で体がゆれないやり方を解説

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。