広背筋の強化 ダンベルローイングの正しいフォーム

  • LINEで送る

ダンベルローイングは広背筋を強化するトレーニングとしては基本となるトレーニングですね。ジムに行ってもよくやっている人を見かけます。

では、ダンベルローイングの正しいフォームですが、

・ベンチ台に手と膝を付けて上体を水平近くまで倒す
・この時、背中は丸まらないようにすること
・背中は真っ直ぐであること
・足幅は肩幅より少し広め
・ベンチについた手と足、膝の三点で直角三角形を作る
・この時、骨盤は床と平行であること
・ダンベルは主に小指と薬指で強く握る
・肩をすくめず、肩をしっかりと下げた状態でダンベルの上げ下げを行う
・肘を腰に向かって弧を描くように上げる
・ダンベルを上げる意識より肘を腰に向かって挙げる意識で行う

以上になります。
こうして改めて正しいフォームを知ると、自分がいかに正しくないフォームでやっていたのかが分かります。

特に印象的なポイントは肘の使い方ではないでしょうか。どうしてもダンベルを持っている手が気になりがちですが、肘を意識することで広背筋により効いている感覚はあります。肘の使い方がポイントになりますね。

すごく分かりやすい動画にまとまってますので是非ご覧ください。

動画引用元:広背筋を鍛えるダンベルロウイングのやり方【筋トレ】

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。