大胸筋と上腕三頭筋の強化 前傾姿勢をキープすること ディップスの正しいフォーム

  • LINEで送る

手軽なトレーニングとして懸垂(広背筋の強化 肘を腰にぶつける意識で上がる 懸垂の正しいフォーム)を紹介しましたが、今回紹介するトレーニングは「ディップス」。ディップスも手軽ではあるものの非常に効果的なトレーニングの一つです。ディップスの正しいフォームを学びましょう。

ディップスは主に大胸筋と上腕三頭筋を強化するトレーニングです。大胸筋は腕を内側に振る(水平内転)際や肘を90度に立てて前に倒す(内旋)際などに活躍する筋肉です。上腕三頭筋は肘を伸ばす動き(伸展)などで活躍する筋肉です。なので、野球、テニス、ゴルフ、バレーボール、バスケットボール、卓球、水泳など、バット、ラケット、クラブ、ボールなどの道具を、腕を使って行うスポーツに効果的なトレーニングとなります。

 

ディップスの正しいフォームのポイントは、

 

・平行なバーを両手で握り身体を持ち上げる
・身体を上げ下げする際に前腕は垂直に保つ
・身体を上げ下げする際に上半身は少し前傾姿勢に
・足を振り上げて無い
・大胸筋を絞り込むようなイメージで身体を持ち上げる

 

以上になります。
身体を持ち上げた時に、特に足が振り子のように揺れてしまうのはNGです。とにかく身体を揺らさないことがまず大事です。

実際にディップスをやってみると分かりますが、上半身を前傾姿勢に保ちながら行うことが難しいです。特に身体を持ち上げる時に、上半身ごと持ち上げてしまうので、フォームが崩れがちになります。特に大胸筋に効かせるためには、前傾姿勢のキープは大事になりますので、ここは注意が必要です。

動画では、様々なポジションでのでディップスを紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

動画引用元:ディップスのやり方による効果の違いや体が揺れないコツ等を解説

 

 

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。